かっさマッサージ

最近ときおり聞く言葉ですね。
かっさマッサージ

魔女たちの22時でも紹介されていました。
子宮摘出などつらい経験を重ねた50代の女性が
かっさマッサージをしたら30代と見まちがえられるほどの肌になり
年下の恋人もできた!という内容。

中国の上海で行った再現映像を観たときには
痛そ〜、(実際痛いみたいです)と
思ったけど

「かっさ板」と呼ばれるヘラを使い、顔のツボや皮膚をこする
→リンパの流れや血流がスムーズになり老廃物が押し出され、
→毛穴が引き締まり顔全体がリフトアップする

実演はこんな感じ?



かっさ(活沙)tって中国に2,500年以上前から伝わるという民間美容法だそうです。

番組ではわざわざかっさを使わなくてもれんげで代用できるとか
た・だ・し

1 れんげが陶器で出来ているモノ。
2、持つ部分の「柄」の端が少し曲がっていて丸みがあるモノ
3、スープをすくう部分が滑らかで肌触りが良いモノ。(特に肉厚なモノがおススメらしい。)
少しでもとがっていたり、薄いものは肌に負担がかかるので注意。

なかなか探すのは難しそうです。
めんどくさい人はかっさを買ったほうがいい?



リフトアップというのにひかれますね。目指せ、小顔〜♪
posted by bluesand at 14:09 | 美容グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。